特急『しなの』が塩尻駅で方転していた名残り

短絡線(元・中央西線)の現・中央西線側の分岐付近を、その南側にある跨線橋上から北向きに眺めたところ。手前の分岐器が短絡線ので、奥は塩尻駅4Tに名古屋方から入る線への分岐器。313系使用の列車は実は後追いで、普通 松本行。写真のさらに手前にある名古屋寄りの片渡り線でこの線に入り、この後にまさにその奥の分岐器を右に入って4Tに行く。