鉄道線としては現役の元可動橋

センターの橋脚は円筒形で、レンガはイギリス積み。桁の腹板の垂直補剛材の上下端を曲げてあるのは英国設計の特徴でもある。