京津線電車が京都で併用軌道を走っていた昔日

大津線系統の電車は順次上半レスト・グリーン、下半アトモス・ホワイト、境界にフレッシュ・グリーンの帯が入る京阪本線系電車一般車色と同じイメージ(本線一般車は下半がアーバン・ホワイトのためこう表現)のカラーリングに変更されつつある。車輛は700形707-708編成で、京阪石山-唐橋前にて撮影。