京津線電車が京都で併用軌道を走っていた昔日

では、浜大津-三井寺 間の併用軌道区間を、浜大津側から眺めていこう。ここは浜大津駅から坂本寄り250m程の地点からの石山寺方の眺め。高床15m車グリーン濃淡ツートン・カラーが路面区間を走る姿を見て「当時の光景を慕ぶ」がテーマと言っておきながら、初っ端にラッピング車の登場となってしまった。電車は600形609-610比叡山・びわ湖ラッピング編成。