タグ別アーカイブ: 終夜臨時列車

終夜臨時列車・初詣列車でさらなる旅を!

2011年も晦日を迎えましたが、みなさんは新年の準備は万端でしょうか?
本日は晦日と元旦しか体験できないとっておきの「青春18」の徹底活用術について書きます。
毎年晦日の夜半から元旦の午前零時にかけて、各地の社寺へ初詣に出かける参拝客が殺到しますが、JRもこのときばかりは例外で、JR東日本の関東圏ではかなり多くの終夜臨時列車・初詣列車が運転されます。2011-2012年の運行はこちらをご覧ください。
これを利用すれば臨時快速の「ムーンライト」でなくとも、元旦の午前零時から1日フルに「青春18」きっぷが利用できるわけです。
具体的な例では、これを利用すれば中央本線下り中野駅始発の4時25分や東海道本線下り品川駅始発の4時35分、東北本線下り上野始発5時10分、宇都宮始発の5時22分などに乗り継ぐことができ、旅の行動範囲もぐっと広くなります。

また、昨年の筆者の例で行きますと、日付の変わる錦糸町まで切符を買い、ここで元旦の日付を押してもらい、終夜臨時普通列車を利用し成田山(写真右)へ初詣をしてから、東北本線下り上野駅始発5時10分に乗り継いで旅を一日楽しんできました。成田駅ではこういった参拝客への配慮のため、回送列車一編成を待合室(写真左)として開放し、暖がとれたのも貴重な体験といえましょう。
今年の暮れは終夜臨時運転をうまく活用し、新年早々の汽車旅というのも、また一興かもしれません。
※なお、一部の列車は特急やグリーン車指定席など、「青春18」では利用できないものもありますのでご注意ください。

鉄道コム鉄道コムのランキングクリックお願いします。