柵になったレールの浮出文字と不思議な向きの遮断機と…

鉄道旅を一層たのしくする車窓・施設案内シリーズです。
[場所]福井鉄道福武線 越前武生-北府
福井鉄道 越前武生駅は、JR北陸本線 武生駅の本屋口(西口)とは250m程離れている。JR武生駅の駅前広場の前を横切る道を右の北方向に進むと、右側に建つアルプラザのビルを過ぎた辺りにタクシーが停まる駅前広場があり、その先に位置している、そんな距離感になる。 続きを読む

山崎製パンから京成沿線限定オリジナル『ランチパック』

[場所]京成電鉄沿線の一部コンビニエンスストアー・スーパーマーケットなど
成田空港輸送を担う 京成電鉄 では、山崎製パン(創業:千葉県市川市)とJA成田市、及び JA全農ちば と共同開発した『ランチパック 成田市産スイートポテト入りクリーム&ホイップ』を2017年9月末よりリブレ京成など限られたスーパーマーケットで先行発売していたが、10月1日より千葉県内の一部スーパーマーケット・コンビニエンスストアを中心に発売店を拡大した。 続きを読む

鉄道線としては現役の元可動橋

鉄道旅を一層たのしくする車窓・施設案内シリーズです。
[場所]JR和田岬線 兵庫-和田岬
当サイト2016年10月25日アップの「日本で現役唯一の跳開式可動鉄道橋梁」(←その記事はここをクリック)でJR関西本線 四日市駅構内扱いの場所にある末広橋梁を紹介したが、鉄道線としては現役で使用されている“元・鉄道可動橋”なら他にも存在する。それがJR和田岬線 兵庫-和田岬 間の兵庫運河に架かる『和田旋回橋』だ。ところで「元」と冠したのは、現在は回転機構が外されて可動部を開閉できないので水運的には通れない状態になっているからだ。 続きを読む

大井川鐵道『SL黒カレー』が静岡県内一部SAでも販売開始

[場所]大井川鐵道売店&天神屋曲金店および静岡県内一部SA売店など
SL動態保存運転の老舗 大井川鐵道では、2017年6月より同社のグループ会社となった「お弁当、惣菜、おむすび、しぞーかおでん」などを販売する株式会社 天神屋(本社:静岡県静岡市)との共同開発商品第一弾になる『大井川鐵道×天神屋 SL黒カレー』を、大井川鐵道売店において8月14日から先行発売していたが、2017年9月1日からは天神屋曲金店(静岡市駿河区曲金5-1-1)などの一部天神屋店舗でも発売を開始した。 続きを読む

道南いさりび鉄道の車窓から見える帆船は?

鉄道旅を一層たのしくする車窓・施設案内シリーズです。
[場所]道南いさりび鉄道 泉沢-釜谷

道南いさりび鉄道に木古内駅から乗車すると、泉沢駅を過ぎて1.5km程の地点の車窓右側に帆船のモニュメントが垣間見える。 続きを読む