日本唯一の現役トロリーバスのラストシーズン4月15日から始まる

トロリーバスは日本の鉄道事業法の「鉄道」

[場所]立山黒部貫光 立山トンネル 室堂-大観峰

長野県と富山県を結ぶ立山黒部アルペンルートは冬季間は閉鎖されることは皆さんご存知だろう。
この立山黒部アルペンルートが、2024年は4月15日(月)~11月30日(土)の期間に営業されることが先日に発表された。
さて、このルートの一部を為す立山トンネル 室堂-大観峰 間のトロリーバスだが、このシーズン限りで廃車になり、2025年シーズンからは車輌が電気バスに変更される。

立山トンネルトロリーバスの8000形。両端駅はリバースになっている。写真提供・タイトルとも:立山黒部アルペンルート
電気方式は直流600V。VVVFインバータ制御。写真提供:立山黒部アルペンルート
ということで、2024年開通期間が立山トンネルをトロリーバスで運行するラストシーズンになる。

立山トンネルがトロリーバス化されたのは1996年になる。画像提供:立山黒部アルペンルート

日本唯一のトロリーバスの運行は2024年11月30日まで

立山黒部アルペンルートには、2018年シーズンまではトロリーバス区間がもぉ一つ、関電トンネルトロリーバスも走っていたが、同年に廃車。翌年のシーズンからは電気バスによる運行に変更された。
それ以後は、立山トンネルトロリーバスが日本国内唯一のトロリーバスとして孤軍奮闘していたが、ついに本年11月30日のシーズン終了をもって廃車される。

「立山直下」地点。写真提供:立山黒部アルペンルート
本線は単線で、途中で複線になっており、交換できる。写真提供:立山黒部アルペンルート
交換のため複線区間に入る8000形。写真提供:立山黒部アルペンルート
トロリーバスは「無軌条電車」ともいい、日本の法令上は鉄道事業法の鉄道として扱われている。そんなことは当サイトの読者なら知っているとは思う。さてそんなわけで、一見バスに見える(実際に車体はスケルトンバスだが)トロリーバスの記事をここで書かせていただいた。

日本一標高の高い駅の称号を返上

上述したが、トロリーバスは「鉄道」の扱いになる。その、立山黒部貫光 立山トンネル 室堂駅 は標高2,450mにあるので、現時点では日本一高い地点にある鉄道駅になる。
ただし、2025年からは電気バスによる運行になるため、室堂はバス停留所扱いになるので、日本一標高の高い鉄道駅の称号を返上することになる。

立山高原バス側から見た室堂ターミナル。写真提供:立山黒部アルペンルート
とはいえ、ケーブルカーも鉄道扱いのため、日本一標高の高い鉄道駅が黒部ケーブルカー 黒部平駅 へ移るだけで、その称号を有する駅が立山黒部アルペンルート上にあることに変わりはない。

2025年シーズンから日本一標高の高い駅になる黒部ケーブルカー 黒部平駅。写真提供:ⓒ(公社)とやま観光推進機構

立山黒部アルペンルート「ありがとう!日本最後のトロリーバス!」特設HP
https://www.alpen-route.com/trolleybus/

立山黒部アルペンルートHP
https://www.alpen-route.com/index.php

なお、索道も含めた日本一標高の高い地点にある駅は、中央アルプス観光が運行する長野県の駒ヶ岳ロープウェイ千畳敷駅 標高2,611.5mになる。

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン
1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。