信州松本で見られる青ガエル

鉄道旅を一層たのしくする車窓・施設案内シリーズです。
[場所]アルピコ交通上高地線 新村駅

「青ガエル」こと元東急5000系の最後に残った車輛である熊本電鉄5101A(元東急デハ5031)が2016年2月14日にラストランを果たし、青ガエルがすべて現役を引退したニュースは全国に伝えられたが、いまだに線路の上に載った青ガエルを見られる場所が他にもある。

それは長野県松本市のアルピコ交通 新村駅で、 ここにおいてモハ5005+クハ5006編成(元東急デハ5055+デハ5048)が駅に隣接する車庫に静態保存されている。まあこのことは当サイトの読者ならだいたい知っていると思うが、これが何と営業路線とレールがつながっている線路の上に置かれているため、見ていると何かワクワクしてしまうという人は多いのではなかろうか。

新島々寄りのモハ5005。新村駅前の道路を右手に進み踏切を渡った地点からの眺めで、普段の日の車庫の立ち入りはできないが、道路脇のスペースからでも、このくらいまで近寄ることができる。
新島々寄りのモハ5005。新村駅前の道路を右手に進み踏切を渡った地点からの眺めで、普段の日の車庫の立ち入りはできないが、道路脇のスペースからでも、このくらいまで近寄ることができる。

この新村駅に保存されている青ガエルは、モハ5005が1959年(昭和34年)10月に、クハ5006が1958年12月に、共に東急車輛製造にて新造された車輛で、この編成がアルピコ交通の前身である松本電鉄にやってきたのは1986年(昭和61年)12月24日に上高地線の架線電圧が1,500Vに昇圧された時期に合わせた直前の11月になる。そして廃車されたのは2000年9月27日のこと。
その後はこの編成のみ解体を免れて松本電鉄カラーで保存されていたのだが、2011年9月に有志の手により東急電鉄時代のグリーンに復元されて、この一連の写真の姿になっている。

新村駅プラットホームから松本寄りのクハ5006を眺めたところ。2015年の状況ではあるが、手前に電気機関車が留置されていたので、前面がよく見えないのが残念。ちなみにこの機関車はED30形ED301で、大元は1927年(昭和2年)アメリカ製の信濃鉄道1形3という、こちらも貴重な車輛。2005年9月に除籍され、その後に静態保存へと移行している。
新村駅プラットホームから松本寄りのクハ5006を眺めたところ。2015年の状況ではあるが、手前に電気機関車が留置されていたので、前面がよく見えないのが残念。ちなみにこの機関車はED30形ED301で、大元は1927年(昭和2年)アメリカ製の信濃鉄道1形3という、こちらも貴重な車輛。2005年9月に除籍され、その後に静態保存へと移行している。

そして新村駅の旧駅舎は、上高地線(当初は島々線)が1921年(大正10年)10月2日に筑摩鉄道により開業した時に建てられた由緒ある建物。2012年3月24日に新駅舎が使用を開始した以後はご覧の写真の姿になり、処遇が決まるまでは存置されるとのことだ。
そして新村駅の旧駅舎は、上高地線(当初は島々線)が1921年(大正10年)10月2日に筑摩鉄道により開業した時に建てられた由緒ある建物。2012年3月24日に新駅舎が使用を開始した以後はご覧の写真の姿になり、処遇が決まるまでは存置されるとのことだ。


元青ガエルが保存されているのは上記の熊本電鉄(予定)の他、東京の渋谷駅ハチ公口に上田モハ5001(元東急デハ5001)がカットボディとして、上信越道 須坂長野東IC近くのトレインギャラリーNAGANOに長野電鉄2500系C10編成(元東急デハ5015+デハ5016)が赤ガエルの姿で保存されている。後者はレストランも併設されているので、鉄道の駅からは遠いが、クルマ旅で近くを通った際には、立ち寄ってみるのも良いかも知れない。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン
1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。