静岡ホビーショー第62回…鉄道系展示巡覧=前篇

まずは各ブースを巡って目にした鉄道系の展示品を大まかに紹介/その1

[場所]ツインメッセ静岡

静岡県といえば「模型の世界首都」を名乗っている。その静岡市にあるツインメッセ静岡において「第62回 静岡ホビーショー」が2024年5月8日~12日の5日間(一般公開日は11日・12日のみ)に、静岡模型教材協同組合の主催で開催された。
ということで8日の業者招待日に訪ねてきたので、ショー出展各ブースの中から、鉄道系模型に関わりそうな展示品を抜粋してリポートをお届けしよう。

「SHIZUKA A MODLE CITY」のオブジェとWelcome board。
ちなみに掲載の順番は、まず北館の入口に近いブースからジグザクに、次は南館の入口に近いブースの手前側から、という順な点と、見出しの出展メーカー名はホビーショーのパンフレット館内マップ掲載名に依っていることを申し添えておく。
なお、この度も前篇・後篇に分けての紹介になる。
そして、記事中で出展メーカー名の末尾に「♥」が付いているブースに関しては、いずれ単独にて、不定期ながら紹介予定なので、その時を待っていていだだけたら幸いだ。

北館大展示場

ことしの静岡ホビーショー第62回は、昨年と比べると鉄道模型メーカー以外の鉄道系展示物がかなり少なかったと感じた。ということで、前回なら「♥」が付くブースが9箇所以上あったが、第62回は7箇所に留まった。これも時の流れというものなのだろう(笑)。
さて、そんなコトもあり、本来なら「♥」マークにて後日に詳細ということで、とりあえず写真1~4枚くらい掲載して、後日にワイドで紹介というブースが減ったため、先述もしたが、この度の「巡覧篇」では前篇/後篇に分けて紹介させていただくことにした。

■ディディエフ♥

DDFはジオラマ制作がメインのファクトリー。後日に単独で紹介予定。
■さんけい♥

みにちゅあーとキットのSankeiの新製品が展示されていたが、その中にスケール1/150の「駅舎J」を発見。ということで、後日にその辺を中心に単独で紹介予定。
全日本模型ホビーショー第61回で目を付けていた祭り風景だが、思ったより奥行きがあったので詳細写真が巧く撮れなかったから、来年に撮影再チャレンジ予定。すまぬ(謝)。

■ガリバー
「GULLIVER」はミニカーと飛行機模型の専門店。この度、鉄道系モデルの展示はなかったが、TINYのCMBバス未塗装車4車種が展示されていた。

ドア位置や窓配置により車種が異なる。
ガリバーのURL。
https://www.gulliver-inc.com

■津川洋行♥

TGW津川洋行は後日に紹介予定。
毎年、TGW津川洋行と仲良く隣に並んでブースを構える「brother」は、昨年と同じく業務用刺繍ミシン(製品情報は朱色字をクリック)を展示していた。
■プラッツ
PLATZと言えば、静岡のプラモデル・模型メーカーだが、PECOのレールなど鉄道系の製品も展開しているのは、当サイトの過去よりの読者ならご存知の方は多いであろう。 

ホビーショーでは毎度お馴染みのPECOのレール展示。
Nゲージ イギリス2軸貨車の足回りが展示されていた。
E5系(orH5)のスケルトンになったプラレール車輌を発見。
筆者の趣味で建機も紹介。手前のホイールローダーとマイニングトラックはスケール1/125なので、Nゲージ鉄道模型の情景に使えるかもしれない? いや無理があるか(笑)。
PLATZの鉄道系製品URL
www.platz-hobby.com/categories/3.html

■マイクロエース♥

マイクロエースは後日に単独で紹介予定。
ジオラマも展示。

■トミーテック♥

手前は、どんな軌道と足回りになるのか? 一部で話題を拐っていた鉄コレ「ゆりかもめ」の試作品。奥は鉄コレとバスコレ。
左は架線柱各種。右のストラクチャーは建物コレクションになるのだろうか? トミーテックは後日に単独で紹介予定。
展示の「電車でGO!」は画面が4:3!?

■青島文化教材社
アオシマは鉄道系の模型の展示はなかった。だが、いつもプレスリリースを送ってきていただいてと日頃お世話になっている同社なので(なんか読んだ覚えのあるセリフである)、せっかくだからスケール1/72とか1/144とか縮尺的に鉄道情景として使えそうな何か紹介する製品がないかと探した結果、1/144スケールの飛行艇ならNケージジオラマに使えるのではないか(個人の感想です)? と思い、ことしもソレを掲載しておこう。

US-2飛行20周年記念グッズも売っていた。
アオシマURL
https://www.aoshima-bk.co.jp

便乗で申し訳ないが、この機会なので2019年に撮ったUS-2の離着水シーン(朱色字をクリック)をヨウツベにアップしてあるので視ていただけたら有りがたい。さらに昨年2023年10月21日に千葉県の下総基地で開催された航空祭におけるUS-2エンジン始動→帰投(朱色字をクリック)の動画もヨウツベにアップしてあるので視ていただけたら、さらに幸いである。

■カトー♥

Nゲージ近鉄10100系新ビスタカー試作品。
奥は架線柱。手前は海外の車輌(右を除く)。
ジャストプラグ…システムも展示。
ワンハンドルコントローラー。KATOのブース展示数はまだまだあるので、後日に単独で紹介予定。

後篇は近々アップ予定。

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン
1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。