全日本模型ホビーショー第61回…ロクハン篇

Zゲージ全般~近年はZショーティーで名を馳せるメーカー

[場所]東京ビッグサイト

東京都江東区にある東京ビッグサイトにおいて「第61回 全日本模型ホビーショー」が2023年9月29日(金)~10月1日(日)の3日間(一般公開日は30日・1日のみ)に、日本プラモデル工業協同組合の主催で開催された。
このことは、2023年10月23日アップ「全日本模型ホビーショー第61回…鉄道系展示巡覧篇」で報じているけれども、その記事の中で「出展メーカー名の末尾に『♥』が付いているブースに関しては、いずれ単独にて、不定期ながら紹介予定…」と予告してあったが、その流れでのブース展示品の中から、この度は「ロクハン」のブースを紹介していこう。
なお、出展社名は「トイテック」となっていたが、本記事タイトルではZゲージ(6.5mm)とその車輌を指したモデルの一ブランド名の「ロクハン」と表記させていただいたことを申し添えておく。

タイトル写真奥の立てかけられていた6.5mmZゲージのジオラマレイアウトで、曲線半径からするとロクハンの中でも「Zショーティ」用と思われる。

ロクハンZケージのスケールモデル

2023年の出展ではZゲージ車輌をショーティー化したモデルの「Zショーティ」をイチオシしていたように見受けられたが、まずはZゲージ(6.5mm)1/220のスケールモデル製品から見ていこう。

Zゲージの1/220スケールモデル。手前編成モノから、0系新幹線初期型「ひかり1号」12両セット、国鉄485系「雷鳥」国鉄色5両基本セット、103系仙石線色低運転台タイプ4両セット、103系瀬戸内色低運転台タイプ4両セット。右機関車手前から、国鉄EF58 123号機、EF58 150号機。
そして、その右隣には新幹線ジオラマが設置されていて、0系車輌が超高速で走っていた。なお、Zゲージでは新幹線車輌でもスケール1/220になっているとのこと。

Zゲージのジオラマエンドレスレイアウト。新幹線0系が高速でグルグルと走っていた。
上写真の上辺中央の鉢の上には、実は盆ジオ的な円形ジオラマレイアウトが敷設されている。タイトル写真の右端にも写っているが、ココに走っている車輌がロクハンの、いわゆるZショーティになる。

ロクハンの盆ジオ(鉢ジオ?笑)を走るZショーティClass491GentianBlue。

ロクハンZ-SHORTY

上の写真を見ても解る通り、トイテックではZケージ…いわゆるロクハンのスケールモデルがブースの半分は占めていたものの、Zショーティもそれなりのスペースにて紹介されていた。

ロクハンZショーティの展示スペース。右の方向幕はロクハンシリーズではない(笑)。
ロクハンのZ-SHORTYとは何か…を記そうと思っていたら、丁度行きつけの鉄道バー(後述)で「モデル王選手権」なるジオラマコンテストがあり、そのテーマが「ロクハン」で、参加作品の展示が6月10日から6月15日まであるということで、それに鑑み(流れは省略)、トイテック刊行の「Z-SHORTY ファーストマニュアル」の説明ページのスキャンにて解説に代えさせていただく。

「Z-SHORTY ファーストマニュアル」の説明ページより。
では、それらロクハンZショーティの全日本ホビーショーにおける展示を眺めていこう。

2023年秋以後のロクハンZショーティ新製品。
ロクハンZショーティのレイアウト見本。一見本格ジオラマレイアウトに見えるけれど、マット上に規制のレールを敷設している。
上のジオラマレイアウトを走っているZショーティはキハ40だが…国鉄急行色?
コチラはキハ52の首都圏色? 展示台は撮影時期の影響(笑)?
ロクハンZショーティ車輌のラインナップ。
上の説明板の下ではロクハンZショーティの製品が展示販売されていたのだけれども、時間とともにドンドンと売れていった…らしい。

上の説明プレートの下のネットラックではZショーティ車輌を販売。
上写真のさらに下。上写真の約2時間後の午後の撮影だが、何個か売れた後の空きスペースから、数時間でかなり売れているのが分かる。
せっかくなので、他のZゲージとかの展示販売商品も載せておくとしよう。

Zゲージ1/220スケールモデルも販売していた。
ロクハンZショーティの物販も当然にあった。「イベント特別価格商品」に目がいってしまう。

株式会社トイテック
https://www.toytec.co.jp

ロクハンHP
https://www.rokuhan.com

鉄道バー「キハ」にてロクハンジオラマコンテストがあるらしい(笑)

※以下の項は6月15日以後に差し替えます。ご理解をお願いします。
ここからはブログ感覚で記すため敬語になります(笑)。
以前にも何回かお伝えしましたが、東京・人形町に、筆者が稀に行く鉄道バー「キハ」という店がありまして、この店にて常連客によるロクハンジオラマをテーマにしたコンテストが2024年6月10日~15日開催されるとの情報が流れてきたので、お伝えしておきます。

昨年のキハモデル王選手権出展作品の一部。この5個の他に、右に大型ジオラマが3個あります。
期間は6月10日(月)~15日(土)。
そしてなんと、6月14日にはトイテックの方がコンテスト訪問のために来店する予定とのことです。
この情報…見逃せないね。
なお、鉄道バー「キハ」への入店には飲食代が掛かります。

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン
1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。