タグ別アーカイブ: 和歌山県

万葉まほろば~和歌山ラインで103系1000番台の面影を追う

鉄道が主役の旅スタイルを応援する見どころ案内

[場所]JR桜井線-JR和歌山線全線+JR紀勢本線 和歌山-和歌山市

国鉄時代の常磐緩行線で1971年から営団地下鉄(現・東京メトロ)千代田線への乗り入れ車として1986年3月まで活躍していた103系1000番台通勤形直流電車は、個性的な前面ガラスで昭和時代においては斬新なデザインの貫通型として異彩を放っていたが、そんな同車のスタイルを継承した105系改造車クハ105形0番台が48年の時を経た2019年の現在も活躍している場所がある。 続きを読む

とりあえず日本唯一現役の二軸レールバス

鉄道旅を一層たのしくする車窓・施設案内シリーズです。
[場所] 紀州鉄道 紀伊御坊駅
和歌山県にある紀州鉄道は、二軸レールバスが営業路線において日本で唯一現役で運行されている鉄道で、2016年3月の時点では休車のキテツ1形キテツ1と運行可能なキテツ1形キテツ2の2両が在籍している。 続きを読む

「5(ご)枚入」「入場券」「学文路」で「ご入学」 南海電気鉄道からの受験のお守りが発売

すこしづつ寒くなってきた今日この頃ですが、受験生のみなさんは元気でがんばっていらっしゃいますか。
また受験生をお持ちの親御さんもそわそわする季節になってきました。
南海電気鉄道では受験のお守りとして5枚セットの学文路駅入場券の発売します。
続きを読む

「猫の手」借りられる?たま駅長に部下誕生

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120105-OYT1T00485.htm

和歌山電鉄貴志駅(和歌山県紀の川市)のスーパー駅長、三毛猫「たま」(12歳)に5日、同じ雌の三毛猫「ニタマ」(1歳)が部下として配属された。
 たまが休みの日曜に駅長代行を務める。
 ニタマは「2番目のたま」などの意。同電鉄を運営する両備グループ(岡山市)の観光センターで飼われていた。
 たまはこの日、駅長就任5周年。式典でニタマに辞令を交付した同電鉄の小嶋光信社長は「これでたまも、多忙の時には『猫の手』が借りられる」と期待した(2012年1月5日11時53分 読売新聞)。

鉄道コム鉄道コムのランキングクリックお願いします。