天井川の掘削トンネル探訪(1) JR奈良線・不動川隧道

鉄道が主役の旅スタイルを応援する見どころ案内

[場所]JR奈良線 玉水-棚倉

天井川の鉄道隧道の中でも掘削トンネルを
特に限定で訪ねる不定期シリーズです

JR奈良線は、この名称に反して奈良県には敷設されていないので有名だ(笑)。さてそんな同線だが、見所はまだまだある。その一つが天井川をくぐる地点の多さにあろう。
区間的には長池-棚倉 間に集中しているが、ただしこの中で掘削トンネルなのは、実は2ヶ所しかない。
まず第1回では 玉水-棚倉 間にある天井川隧道の掘削トンネルである「不動川トンネル」探訪と、同区間の他の跨線水路橋タイプの天井川トンネル(?)にも焦点をあてていこう。
なお、JR奈良線は京都方が上りなので、その都合からタイトルの標記は「玉水-棚倉」になっているが、訪問は南側の棚倉方から訪ねている点を申し添えておく。

不動川トンネルの木津(南)側坑門から2番目にある踏切「第二平尾踏切」よりの京都(北)方向の眺めで、電車は棚倉駅へ向かう221系NC604編成使用の下りみやこ路快速。なお、タイトル写真は同じ踏切対面側からの同方向の眺めで、電車は205系NE408編成使用の下り普通。
棚倉駅から京都方を向くと不動川トンネルが遠望できる。見え方は85mmレンズで撮ってこのくらい。
「天井川」は中学くらいの社会科で習っているので皆さんはどんなモノか解ってると思う。また、そこをくぐり抜けるために鉄道隧道が存在していることも、当サイトの読者ならご存知だろう。なので天井川の説明は省略させていただくが、詳しくは2016年1月6日アップ「日本で最初に作られた鉄道トンネル石屋川隧道を訪ねてみた」の記事中で少し解説しているので、合わせて見ていただけたらとお願いしたい。
では、そんな天井川をくぐる不動川トンネルの間近へいってみよう。

不動川トンネルに一番近い第一平尾踏切からの京都向きの眺めで、トンネル坑門が間近に見える。トンネルから出てくる電車は221系NA405編成使用の下りみやこ路快速。
天井川隧道掘削トンネルの特徴としては、短いので向こう側の景色が見えるのと、上の山が低いというのがあり、この要素により運転席後から前面や、車掌室前から後面を眺めていると、天井川はそれなりに見分けがつく。
ところで、現在の天井川をくぐる線路のスタイルとしては開削トンネルか跨線水路橋タイプが多く、掘削トンネルはかなり少ない。上記リンクの記事中で紹介している「芦屋川隧道」と「住吉川隧道」も開削トンネルと見られ…ならば掘削タイプの天井川隧道が見たい…っていうのもあって、それを探していた結果、その報告をしたくなったのが、この不定期シリーズを始めるキッカケになっている(汗)。
次は、不動川トンネルの上にいき、天井川がどんな流れなのか、その川を見てみよう。

トンネル上の不動川で、奥が東(上流)。両岸に道が通っているのが解る。奈良線の線路は画面中央やや左のソーラパネルの下あたりを横切っている。
トンネル上の京都方は道から線路を眺められるので、道や川が線路からどのくらいの高さなのかをお見せするために、線路と川を一緒に入れたアングルで撮ってみた。これは西側から東側の眺めで、左が京都方。電車は221系。
上写真の線路対面側からの西向きの眺めで、右が京都方。線路と川が一緒に入る構図で撮ってみたが、地平ではコレが限界かな。天井川隧道のスタンスをお見せするには、やはり上空など高い所からの写真が必要と思った。
さらに、不動川の丘を越えて、玉水(京都・北)側の天井川トンネルの坑門を眺めに行こう。

不動川トンネル京都側の坑門。電車は奈良へ向けて走りゆく103系NS407編成使用の下り普通。
103系がせっかくきたので、上と同地点から反対(京都・北)向きに撮った写真も載せておこう。左彼方には天神川の跨線水路橋が見える。
付近の山下踏切で待っていると、いまや稀少となった103系が運よくやって来た。この低運転台編成もJR奈良線の現在の見所の一つといえるだろう。
そして、この記事を書いてて気づいたのは、天井川の取材にはドローンが必需品だってこと。いずれ買ったなら、後に上空から眺めた写真をコッソリ追加してしまうかも知れない…(笑)。

跨線水路橋タイプならまだある

玉水-棚倉 間には上記の 不動川トンネル 1本の他に3本の天井川があり、こちらは跨線水路橋で、線路はそこをくぐっている。ということで現地探訪ではないが、前面展望or後面展望で、その天井川が跨線するスタイルを木津(棚倉・南)側から順に紹介していこう。
なお、各天井川の写真は、上が棚倉側、下が玉水側の順に並べている。

上写真で彼方に写っていた天神川跨線水路橋の木津(南)側からの眺め。
天神川跨線水路橋の京都(北)側。道路と水路が一体になっている。
渋川の木津(南)側。
渋川の京都(北)側。
玉川の木津(南)側。先に見える駅は玉水駅。
玉川の京都(北)側。手前が道路で奥が水路。
天井川をくぐる掘削隧道は、ココを除いて国内にあと5本(流路変更後の遺構を除く)を確認している。それがドコなのか? 折りを見てぼちぼち記事にしていくので、楽しみにしてていただけたら幸いだ。

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

[寄稿者プロフィール]
秋本敏行: のりものカメラマン
1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカメラマン・チームの一員として参加。1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わる。その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。最近の著書にKindle版『ヒマラヤの先を目指した遥かなる路線バスの旅』〔三共グラフィック〕などがある。日本国内の鉄道・軌道の旅客営業路線全線を完乗している。