タグ別アーカイブ: 京浜急行電鉄(京急)

首都圏でも見られる三線軌条

鉄道旅を一層たのしくする車窓・施設案内シリーズです。

[場所]
箱根登山鉄道 入生田-箱根湯本
京浜急行電鉄 金沢八景-神武寺

まもなくの2016年3月26日にJR北海道新幹線 新青森-新函館北斗 間が開業する。そのうち新中小国信号場と木古内駅の間はJR海峡線と共用しており、1,435mmゲージの電車と1,067mmゲージの貨物列車を通すために3線軌条になっている。
そんな流れで、1997年3月22日にJR秋田新幹線が一部3線軌条で開業して以来、久々に「3線軌条とは何か?」という話題が持ち上がりそうな気配なので、ここでその分岐器がどんな構造になっているかを見ていくことにしよう。 続きを読む

身近に見られるノーズ可動式ポイント 京浜急行電鉄本線 生麦駅

鉄道旅を一層たのしくする車窓・施設案内シリーズです。

[場所]京浜急行電鉄 生麦駅

ノーズ部分も動く!隙間無しのポイント

レール方式の鉄道のポイント(分岐器)のクロッシング部には、車輪のフランジを通すためにレールに切り欠きが設けられているということは、鉄道が好きな人なら皆が解っていることと思うが、このクロッシング部の切り欠きをノーズ部が動くようにしてレール間に隙間ができないようにしたものがノーズ可動式ポイントといい、新幹線で使用されているということも、かなりの人は知っているだろう。 続きを読む

私鉄で楽しむスタンプラリー おいしい歴史さんぽ旅 開催

散策の秋!食欲の秋!? にピッタリのおいしい歴史さんぽ旅

おいしい物も食べたいけど、その後が心配?・・・大丈夫です。たくさん散策して腹ごなししてください。
そんな心配の無い方もお腹いっぱいの後は歴史を求めて街を歩いてみませんか。
おいしい歴史さんぽ旅は関東の私鉄9社合同で開催されます。
続きを読む

山手線に新駅設置!

すでにスタンプ物語では通過してしまいましたが、田町駅品川駅の間に新駅を設置することが発表されました。詳しくはコチラですが、いちおう本文も掲載します。

【山手線、40年ぶりに新駅…品川―田町間】

JR東日本が山手線の品川―田町駅間(東京都港区)で、約40年ぶりに新駅を建設することがわかった。2013年度に新駅を含む周辺の再開発工事の着工を目指す。
 山手線の新駅は1971年に完成した西日暮里駅(荒川区)以来で、30駅目。再開発エリアは11年末、外資系企業の誘致を図る国の「国際戦略総合特区」に指定され、新駅は同エリアの利便性を高める要となる。
 新駅が予定されているのは、両駅間の港区港南、芝浦付近で、品川駅の北側約1キロの地点。両駅間は2・2キロと山手線の駅間で最も長い。新駅には並走する京浜東北線も停車する計画だ。
 品川駅は東海道新幹線が停車し、羽田空港までは京浜急行線で約15分で結ばれている。27年にはリニア中央新幹線で名古屋まで40分で行ける東京の新たな玄関口となるが、新駅は品川駅から所要約2分で、最も近いJR駅となる。
 再開発が計画されているのは、品川―田町駅間にある車両基地「田町車両センター」(20ヘクタール)の跡地約15ヘクタール。大規模なオフィス街や商業施設の建設が予定されている。国際便が拡大している羽田空港にも近いことから、今回の再開発エリアは、11年12月に国の「国際戦略総合特区」に指定された。国は特区で働く外国人の入国審査などに関する規制を緩和、都は特区内の企業の法人事業税の減免などで、外資系企業の誘致を図っていく。
 JR東では、北関東から上野駅が終着駅となっている宇都宮、常磐、高崎の3路線を東京駅まで延伸し、東海道線と直通運転する東北縦貫線を13年度中に完成させる予定で、その後は東海道線などの車両を止める車両基地が大幅に縮小される。再開発はこの空きスペースを活用する(2012年1月4日14時32分 読売新聞)。

山手線とはいえ、線籍上は東海道本線となりますが、新駅設置計画は以前からあり、駅名は仮称ですが「泉岳寺」と噂されています。同駅名はすでに京急本線・都営地下鉄浅草線にあり、両線の連絡駅としても機能し、東京方面からなら品川よりも乗換えが便利になります。そして駅名の通り、『忠臣蔵』で知られる赤穂義士の墓所がある泉岳寺の最寄駅となるのです。スタンプも「お江戸シリーズ」にちなむなら欠かせない印影になることが期待されますね。ちなみに都営地下鉄ではすでに右のようなスタンプ(ただし、現在はデザインが若干異なります)も設置されています。
新駅が開業しましたら、スタンプ物語でも追記しますのでお楽しみに!

鉄道コム鉄道コムのランキングクリックお願いします。

京急 「京急開運フリーきっぷ」発売

2011年12月14日 京急電鉄「京急開運フリーきっぷ」を12月31日(土)から2月12日(日)まで発売すると発表しました。

京急・京急開運フリーきっぷ

フリー区間は「川崎大師」へ参拝に便利な川崎大師駅や新たな名所として注目度の高い「羽田空港国際線ターミナル」を含む大師線と空港線、そしてその間の本線区間。
きっぷは発売駅とフリー区間までの往復乗車券+フリー区間乗車券となっています。

京急電鉄ニュースリリース