秋本敏行 のすべての投稿

秋本敏行:のりものカメラマン 1959年生まれ。鉄道ダイヤ情報〔弘済出版社(当時)〕の1981年冬号から1988年までカ メラマン・チームの一員として参加して、1983年の季刊化や1987年の月刊化にも関わ る。その後に自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。日本 国内の鉄道・軌道の営業路線全線を完乗している。

山崎製パンから京成沿線限定パン『ホイップクリームロール』

[場所]京成電鉄沿線の一部コンビニエンスストアー・スーパーマーケットなど

成田空港輸送を担う 京成電鉄(本社:千葉県市川市) では、山崎製パン(創業:千葉県市川市)とタイアップしてオリジナル『ホイップクリームロール(カスタードクリーム・生チョコクリーム)』を2019年11月1日(金)より12月31日(火)までの期間限定(予定)で、リブレ京成各店舗、コミュニティー京成運営のファミリーマート、千葉県を中心とするデイリーヤマザキ、その他千葉県を中心とする一部スーパーマーケット・コンビニエンスストアにおいて地域限定で販売している。 続きを読む

富士山から初冠雪の便りが届くと行きたくなる場所

鉄道が主役の旅スタイルを応援する見どころ案内

[場所]JR東海道本線 由比-興津 由比駅南南西約3km

富士山から「初冠雪の便り」が2019年は10月22日に届いたが、この言葉を聞くと、頂上に白雪を冠した富士山を仰ぎ見に行きたくなるのは筆者だけではないと思う。
さて、富士山を眺められる景観スポットは数々あるが、鉄道と絡めて見られる場所となるとやはり限られてこよう。
そんな中、筆者お気に入りの場所はJR東海道本線 由比-興津 間にある高台「薩埵峠」になる。 続きを読む

大楠が高架のプラットホームや屋根を突き抜けて立つ私鉄駅

鉄道が主役の旅スタイルを応援する見どころ案内

[場所]京阪電鉄京阪本線 萱島駅

プラットホームに樹木が立っている駅は全国にそれなりにあるが、関西には高架下の地面に生えた樹木がプラットホームを突き抜け、さらに屋根をも突き抜けて聳え立っている大胆な構造の駅がある。それは京阪電鉄京阪本線 萱島駅で、おそらく日本ではここだけではないかと思い、訪ねてみた。 続きを読む

大井川鐵道 本線電化70年 EL列車を大増発

70年前の大井川鐵道へ「時間旅行」は いかが?

[場所]大井川鐵道 大井川本線

SL動態保存運転の老舗 大井川鐵道は2019年12月1日に「本線電化70年」の節目を迎える。これにあたり、電化当時へのタイムスリップを楽しんでもらおうと、2019年10月31日(木)~12月31日(火)までの間、電気機関車牽引による客車列車「ELかわね路号」(通称EL列車)を大増発運転する。 続きを読む

カテナリ架線~剛体架線切り替え部分が間近に見られる駅

鉄道が主役の旅スタイルを応援する見どころ案内

[場所]東葉高速鉄道線 船橋日大前駅

剛体架線とは、鋼材の下にトロリー線を固定した架線のことで、地下鉄などに多く見られる。
ある程度の速度を出す普通鉄道では、地上部分にはたいがいカテナリ架線を採用しているので、それならば両方が混在する路線では、地上線のカテナリ架線と地下線の剛体架線が切り替わる地点はどんな構造になっているのか。気になっている人も多いのではないだろうか。 続きを読む