タグ別アーカイブ: 豊肥本線

大分市の廃ホーバークラフト発着場を訪ねる

鉄道が主役の旅スタイルを応援する見どころ案内

[場所]JR日豊本線など 大分駅北北東約2.5km

大分空港-大分市 間にはその昔…とは言ってもアップ日から約13年前の2009年10月31日までだが、「大分ホーバーフェリー」が運航していた。
このうち船艇は海外に売却されて残っていないが、大分市側の旧・大分ホーバー基地の廃基地跡と、大分空港側の揚陸路が一部設備として残っている。
さて、そんな 大分空港-大分市 間を結ぶホーバークラフト運航要員を、かつての運航会社とは別になるが、福岡県の第一交通株式会社が新会社を設立して、2023年4月〜7月〜10月採用予定で募集するというニュースが流れてきた。なので、せっかくだから、以前に個人的趣味で観光(笑)していた「旧・大分ホーバー基地」の写真をココに掲載することにした。 続きを読む

駅真裏に聳える断崖からの直瀑の滝が何たるかを探る

鉄道が主役の旅スタイルを応援する見どころ案内

[場所]JR豊肥本線 豊後竹田駅

大分県の豊後竹田といえば「荒城の月」の曲(メロディ)の着想を得たとされる岡城址がある町としてご存知の方も多いはずだ。
さてその町の玄関口・JR豊肥本線 豊後竹田駅プラットホームに降り立つと、駅真裏に断崖が聳えており、しかもこの崖には岩盤上部から水が流れ落ちる直瀑の滝もあって、その隣には神社が鎮座しているという霊場のような光景が間近に目撃できる。 続きを読む

大分駅コンコースを走る赤い汽車

鉄道が主役の旅スタイルを応援する見どころ案内

[場所]JR日豊本線など 大分駅

JR日豊本線・九大本線・豊肥本線 大分駅 は島式ホーム4面8線を有する高架駅で、1階には長いコンコースがある。ところでこのコンコースだが、ナゼか床に線路のような柄が描かれている。さて、その線路のような柄を辿った先に目をやると、なんと赤い汽車が停っていた(笑)。 続きを読む

祝・JR九州豊肥本線2020年8月8日全線開通に寄せて

鉄道が主役の旅スタイルを応援する見どころ案内

[場所]JR豊肥本線 肥後大津-阿蘇

JR九州の豊肥本線は、2016年4月14日の熊本地震前震により一部区間で運転を見合わせ、さらに16日の本震によって立野-赤水間に重大な被害が発生したため、肥後大津-阿蘇間が長期間に渡って不通になっていたが、2020年8月8日(土)に同区間がいよいよ営業運転を再開する。
なお記事中の写真一連(一番下を除く)は、運休期間の2018年7月29日に筆者が阿蘇駅をたまたま訪れた時に撮った、運転再開をず~と待つ阿蘇駅の表情で綴っていることを申し添えておく。 続きを読む